LIFE

【銭湯好き必見!】今、銭湯が若者に人気って知ってますか?サウナの梅湯編

【銭湯好き必見!】サウナの梅湯

こんにちは!

 

突然ですが、

みなさんは、銭湯に行ったことはありますか?

銭湯って言われると、

ボロそう…』『綺麗じゃなさそう…』ってイメージですか?

 

それもそのはず、

昭和30年代(55〜65年)をピークに急激に増加し、

戦後の庶民を支える公共施設として活躍をしていました。

 

あの頃から半世紀も時間が過ぎれば、

見た目は古くなっていきますよね。

平成に入れば、全盛期の半分ほどに減ってしまい、

町から銭湯が姿を消していきました。

 

そう、今となっては、

各家庭にお風呂が浸透し、家にお風呂が無いほうが少ないくらい

便利にはなっていますが、

個人的には町の銭湯がなくなってくのは、すこし寂しいです。。

そして、今日はそんな430円で楽しめちゃう銭湯のお話です。

早速、本日もいってみましょう!!!

サウナの梅湯とは

今回、紹介するのは、

JR京都駅からほど近く、徒歩15分。鴨川沿いの古い町並みにひっそりと佇む

サウナの梅湯』さんです。

 

僕が、初めて『サウナの梅湯』を知ったきっかけは、

雑誌『POPEYE』です。(今後、ちょくちょく登場してくると思いますw)

 

銭湯マニアが高じて、ついには番台さんになっちゃうんですから、

それは銭湯愛が溢れています。

いつかはお話してみたいですね!

 

銭湯の料金は、都道府県ごとに上限が決まってるみたいです。

入浴料が一番高い都道府県は、神奈川県で470円で、

安いのは長崎県・宮崎県で350円です。

ちなみに、『サウナの梅湯』がある京都は、430円だそうです。

ではでは、

『サウナの梅湯』に行ったら是非楽しんでほしいポイントを

3つ紹介したいと思います。

  1. 必見!『サウナの梅湯』オリジナルグッズ
  2. 実は、料金の中にサウナも含まれているんです
  3. やっぱ風呂上がりは、コレでしょ!

 

◎必見!『サウナの梅湯』オリジナルグッズ

まず、上から順にひとつめ。

普通の銭湯には、オリジナルグッズなんてありません。

せっかく京都の銭湯に来たなら、流行りの銭湯に来たなら、

オリジナルグッズ欲しくなりませんか?

僕のオススメは、言わずと知れた有名タオル『サウナの梅湯タオル』

なんともレトロチックな配色で、男心がソソられます。

 

◎実は、料金の中にサウナも含まれているんです

サウナだけ別料金で取られるとこもあるそうなのですが、

ここ『サウナの梅湯』さんでは、料金に含まれているそうなので、

是非、遊びに行かれた際はサウナに入って、楽しみましょう。

 

◎やっぱ風呂上がりは、コレでしょ!

最後は、コレです。

お風呂上がりと言ったら何でしょう?

そうですよね、そうですよね、、

コーヒー牛乳ですよね!

その他にもビールやソフトドリンクなど種類は豊富!

大人だけじゃなくて、小さなお子さんにも最後まで楽しんでもらえます!

 

個人的評価

雰囲気 ★★★
立地 ★★
価格 ★★☆
総合評価 ★★★

※★=1、☆=0.5 の評価です。あくまで個人の感想です。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

 

ここ最近、若者に人気の銭湯についての記事でした。

心身ともにリフレッシュできることはもちろん、

数百円で古き良き日本の文化を楽しめます!

夜のネオン管に照らされる雰囲気も好きです。

是非、京都に寄られた際は、お風呂に浸かって温まりましょう!

では、また次回もお楽しみに〜