RUN

【初心者レポ】ハーフマラソンの練習を3週間継続、走ってみてわかったこと

こんにちは!

自分が3週間 走ってみて、わかったことがいくつかありましたので、ちゃんと整理したいと思います。

それでは、いってみましょう!

有酸素運動と無酸素運動の境目がなんとなくわかってきた

有酸素運動の限界値を上げれば、スピードを上げながらも有酸素を維持して、

走れるから持久力アップ!

自分が、無酸素で走ってる速度は おそらく4分20秒/kmペースくらい。

マラソン選手は、あれだけのスピードで走ってるにも関わらず有酸素で走り続け、

走り終えた後も呼吸が整うのもはやい。

ちなみに、女子マラソン選手の平均ラップタイムで3分30秒/kmだそう。はやい。

仕事終わりのランは、思いの外スピードがでなかった

基本的に立ち仕事なので、自分が思ってる以上に疲れていて、

いつも通り走ってるつもりでも、スピードが出なかった。

控えたほうがいいのかな?

プロテインに疲労回復効果は期待するほどなかった

疲労回復には、アミノ酸が必要だそう。

特に必須アミノ酸であるBCAAが必要。

プロテインを分解すれば、アミノ酸になり 含まれてはいるが、

あいにく速効性はない為、間違いではなかったが適切じゃなかった。

10月あたりから、アミノバイタル(必須アミノ酸)を追加し、回復力に期待。

お腹がスッキリしてきた

走ることはもちろん、オフの日はなるべくストレッチ体幹トレーニングは心がけています。

そのおかげか、走る前よりも今のほうがスッキリしてきたのかお腹に力がはいるようになってきた。

嬉しい限りです。

ふくらはぎが痛む

ここ数日のランで、ふくらはぎが筋肉痛ではない痛みがでてきた。

調べてみると、2つ原因があるとわかった。

・走り方が悪い

まず、ひとつめから走り方が悪いとは、

踵からつく走り方になっていてブレーキをかけながら走っていることを意味し、

その分 衝撃もかかるらしい

そのため、アキレス腱のあるふくらはぎが痛む。

・ハードなラン

ふたつめのハードなランについて、

今の筋量では耐えきれない負荷をかけていることが、原因だそう。

年も年だな、、

まとめ

ただ 負荷をかければいいと思っていたけれど、

正しい方法で負荷をかけないとケガの原因にもなることを学んだ。

ちゃんと自分の体が発するサインを汲み取って 丁寧にトレーニングを重ねたい

とりあえず、目立った怪我もなくここまで順調に走れてるのはなによりです。

これからも体に配慮しながら、楽しくランを続けていくので、

よろしくお願いします。

では、また次回もお楽しみに〜