LIFE

【ぼくのなつやすみ Vol.2】夏休み合宿企画!@松本&安曇野 ただただ癒やされた話

こんにちは〜〜

 

いよいよ9月に入り、涼しくはなりましたが

まだまだ暑い日が続きますね。

そんな僕は、暑さから逃れたいがためにお盆休みに松本にやってきました。

以前から『大王わさび農場』に行きたいと思っていたついでに。

 

でも、いかんせん関西からだと遠くて…

春から東京にやってきたタイミングで、関東からなら近い!と思い立ち、

この夏、予約して『ぼくのなつやすみ』とすることにしました。

 

とても涼しくて気持ちが良かったので、毎年行ってみたいなと思いました。

 

それでは、いってみましょう!

はじめに

今回の松本旅は、特に目的も予定もなく

ただゆっくりしたかったので、休みをとってのんびり行くことにしました。

ただせっかくならいつか行ってみたい場所はあったので、事前にピックアップ。

あとは、現地の人たちと話をして、情報収集!

スケジュール

Day1

今回の旅は、行きはバスで行きました!

8:55 新宿バスタ発 〜 松本バスターミナル 12:13着予定 (京王バス)

予約はこちらのHPでしました!

事前にネットで予約すれば、通常3800円が3500円で予約できるので、是非!

JR松本駅

松本駅に到着しました!

駅はこんな雰囲気で、地方都市としてはとても綺麗で駅前ロータリーも栄えています!

あと、個人的に松本に滞在していて思ったことが…

キレイな人が多い!笑

どうやら松本市内には、地下水を組み上げているそうで

アルプスの雪解け水?なのか、とてもまろやかな口当たりで美味しいんです。

そんな水の影響もあるのか!?と思ってますが、どうなのか?

アルプスごはん

そんなことはさて置き、

腹ごしらえがてら、目的のひとつ『アルプスごはん』へ!

ご夫婦お二人でお店をされていて、店内も自然派なとても落ち着いた雰囲気です。

これが、今回目当てのアルプスごはんです!

今まで飲んできたお味噌汁史上1番美味しかったかもしれない…

店主さん曰く、この時期(8月あたり?)が地元のお野菜が採れて、

とても美味しい時期なんだそうです。

どうしても冬場になると、お野菜が採れなくて九州の友人から譲ってもらうそう。

なるほどですね、だからこんなにも素材の味を楽しめるのか!

あとは、松本のお店の話や最近移住者が増えてきたこと、

お店の作りなど色々話をしてくださいました。

なので松本に遊びに来たら、是非『アルプスごはん』へ!

栞日

アルプスごはんまで来たら、あの場所にも行かないといけないですよね?

栞日』さんです。

栞の日と書いて、sioribiと読みます。
ちいさな声に眼をこらす、本屋あるいは喫茶店です。

栞の日。それは、流れ続ける毎日に、そっと栞を差す日のこと。
あってもなくても構わないけれど、あったら嬉しい日々の句読点。
さざ波立っていた心が凪いで、ふっと笑顔が咲くような。

今日が、あなたの栞日になりますように。

引用:栞日

1階はカフェスペースになっていて、コーヒーとスコーンが食べれます。

2階にも上がることができて、上は本屋さんと小さなギャラリーになっています。

僕が行ったときには、扇子が飾られていました。

風が抜けてとても気持ちよかったです。

松本ブルワリー & peg

まだまだ時間もあるので、飲み歩きしよう!

ということで、タップルーム『松本ブルワリー』さんと『peg』さんに行ってきました!

普段、ワインなんて中々飲みませんが、この白ワイン『デジレ』は、

とてもスッキリでおつまみがなくても、ぐびぐびいけちゃうくらいでした!

国宝 松本城

お腹も心も膨れたところで、『松本城』に行ってみましょう!

国宝 松本城について

松本城は戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城です。

引用:松本城をより楽しむ公式ホームページ

今まで、大阪城や姫路城など数々のお城を見てきましたが、

どうしても松本城を見てみたかった…

ただ大きいだけじゃなくて、5重の天守がとても綺麗で、

後ろには、アルプスの峰々が見れる景色がなんとも言えないです。

ちなみに夜にはライトアップもされていて、

お堀に天守が反転して見えて、他のお城じゃきっと見れないはずです。

アクセスもJR松本駅から徒歩で20分ほどです。

歩いてもよし、駅前にはシェアサイクルもあるのでサイクリングもよし。

ちなみに今回の旅では、シェアサイクルも活用したので後ほど

ゲストハウス tabi-shiro

時刻は、16時ごろ。そろそろチェックインもできるので宿に向かいます…

今回の宿は、『tabi-shiro』さんです!

結構人気なゲストハウスで週末になるとだいたい満室で、中々予約が取れないのでとても嬉しい!

ふたつめのおうち

僕らが旅に出て、その場所で生活している人のお気に入りの店に行ったり、いつも遊んでる場所で遊んだり、何気ない日常をなぞる事が特別な1日となりました。観光するというよりは、そこでの暮らしに混ぜてもらう感じ。ゲストさんに余韻が残るような1日を過ごしてほしいと思っています。

帰ってきたら、異なるバックグランドの人達と話したり、一人でのんびりしたり、それぞれの気分でおうちみたいに自分らしい過ごし方を。ゲストさんにとって「まつもとのおうち」でありたいと思っています。ようこそ。ようこそ。松本へ。

引用:tabi-shiro

とても居心地がよくて、本当におうちみたいに過ごすことができました。

他の宿泊者さんたちとも、『おかえり〜』『おやすみなさい〜』など

話すことができました。

今回は、ドミトリーに泊まり6人部屋で、各部屋ごとに名前が割り振られているんですが、

どんな名前だと思いますか…?

そう、北アルプスの山の名前なんです!素敵!

ちなみにドミトリーは、『美ヶ原』でした。

そば処 吉邦

夜は、松本城近くのお蕎麦屋さん『吉邦』さんへ

天ぷらそば、、思いの外ボリューミーでお腹いっぱいになりました。笑

tabi-shiroさんのオススメで、いくつか紹介してもらったので、

回ってみましたが、現地の人のオススメでお店を回るのはやはり楽しいですね。

宿に戻ってからは、本読むなり、ブログ整えたりゆっくりでき、

23時消灯なので、みんなおやすみなさ〜いと、各部屋へ…

心から癒やされる、とてもいい1日でした。

まとめ

いかがだったでしょうか

今回は、Day1ということで松本に到着してから観光ということでしたが、

次回は、Day2、Day3と分けて松本と安曇野の魅力をご紹介したいと思います!

どうしても字数が大変なことになりそうなので…

では次回もお楽しみに〜〜